Fresh Green Living

2013年からハワイへ移住し、水道も電気も通っていない森の中で夫と動物たちと共に素朴な暮らしをしています。

庭のサバイバル食材🌿

 

f:id:freshgreenliving:20180515065248j:plain

地鳴りの様な音が鳴り響く方角の空(我が家から撮影)

 

 

昨日、我が家のすぐ近くで新たな地割れ(fissure)ができ、

今回の中で最大級の「割れ目噴火」が起こっています。

 

ゴォーーン、ゴォーーンという感じの、

爆弾が地上に落とされたような凄まじい音が

昨日からずーっと鳴り響いています。

噴水のように溶岩が湧き出る高さは、500ft(150m)にもなるそう。

昨夜、外へ出てみると、その方角の空が真っ赤に染まっていました。

 

これまでの割れ目(fissure)の位置から予測すると、

我が家は(たぶん)大丈夫な感じではあるけど、

町までの公道が通行止めになったようです(住人は通過可能)。

 

今回の噴火は、住宅街ではない場所で発生し、

溶岩流も少しずつ海の方向へと進んでいるとのこと。

(1955年に起きた一連の噴火と様子が似ているとも。)

 

キラウエア火山の女神ペレが、何か伝えようしているのかもしれません。

 

 

庭にある食べられる植物

 

『もし、町へ出るアクセスが断たれるようなことがあれば・・・。』

 

そんな状況を以前から夫が予測していたのかどうかわかりませんが、

我が家の庭には、バナナやスイートペッパー以外にも

食べられる植物が色々と植えてあります。

 

 

▼こちらは、食用のハイビスカス(少し見づらいですが)。

細かく切ってよく炒めると、少し苦みがありますが、なかなか美味しいです。

f:id:freshgreenliving:20180515065358j:plain

食用ハイビスカス(Edible hibiscus)

 

 

▼ カトゥーク(Katuk)という植物。可愛らしい実もつけます。

生でも食べられますが、炒めるとnutty flavorでとても美味しいです。

f:id:freshgreenliving:20180515065415j:plain

カトゥーク(Katuk)

 

 

▼ こちらは、カレーリーフ。

インド風の料理に入れる香辛料(ハーブ)として使います。

f:id:freshgreenliving:20180515065423j:plain

カリーリーフ(香辛料の一つとして)

 

 

▼ そして、タピオカ。

芋(根)だけでなく、葉っぱも火を通せば食べられるみたいです。

f:id:freshgreenliving:20180515065432j:plain

タロ

 


▼こちらは、パパイヤ。熟すまでには時間がかかりますが、

青パパイヤとしてもサラダやスープなど色々と使えそうです。

f:id:freshgreenliving:20180515070813j:plain

パパイヤ

 

 

▼ 他にも、野生のベリーなども生えています。

(我が家の犬たちが好きなので、殆ど食べられてしまいますが。笑)

f:id:freshgreenliving:20180515065305j:plain

野生のベリー

 

 

現在、夫が3週間の断食をしているので、私が食べる分だけとすれば、

このまま1か月位は軽く持ちそうです。

 

でも、外の様子も気になるので、この噴火がひとまず落ち着いたら、

一度見に行ってこようかと思っています。